EVENT イベント
WORKS 作品インデックス
SERVICE 事業案内
シンエイ
リファイン甲子園
ステラホーム
作品例
ステラホームの特徴
魅力のポイント
3シリーズのラインナップ
魅力の標準装備
PROFILE 会社案内
CONTACT お問い合わせ・資料請求
PARTNERS 協力専門業者募集
HOME ホーム
リファイン甲子園
STELLA HOME

建築に携わる者として絶対しなければならないこと。

それは

これは基本中の基本です。
昨今、欠陥住宅にはじまり耐震偽造という絶対にしてはいけない問題が世間をにぎわしました。
一部の会社では、会社の利益追求のために「ばれなければ何でもOK」「これ位、どこの会社でもやっている」と子供のような理屈で基本中の基本、「命を守る建物を作る」ことを忘れているような気がします。

昔、当社社長が体験した実際に起こった出来事です。
当社が施工したデザイナーズマンションを売りに出されたオーナーさんの紹介で、このマンションを購入した新しいオーナーさんから、工事の見積りを依頼されました。
新オーナーさんのご要望は、1階の駐車場部分を店舗にしたいということでした。
店舗にするためには、それまでなかった水道・電気・ガス設備が必要となり、それらを後付けしようとすると、どうしても配管や配線がむき出しになる部分が出てきます。
これを嫌がった新オーナーさんは、配管が見えないように基礎部分に隠して欲しいと言われました。
基礎部分に配管が通るスペースを作るためには、建物全体を支えている基礎部分の鉄筋を切断しなければいけません。
そんなことをすれば、建物の強度は極端に下がり、基準値を満たす事ができず非常に危険な建物になってしまうこと、違法であることを丁寧に説明し、違う方法で安全かつ合法であるリフォーム案をお勧めしました。
また、どうしてもということであれば、当社は危険な建物を作るお手伝いや違法な建物を作る工事は、絶対にお受けできないともお伝えしました。

結果、新オーナーさんは、非常に危険な建物になってしまうと理解しながら他社に鉄筋を切断して配管を通す方法でリフォーム工事を依頼してしまったのです。

1/2